シミズの仕事人

ステージに関わるデザインがしたい

高校生の頃、テレビの音楽番組を見ていて美術的なセットが曲ごとに換わって行くのが面白く、興味を持った。そんな舞台など、エンタメのセットデザインができたらと思い、学校に入るため上京。シミズオクトにOBOGも多い東放学園専門学校である。テレビ美術科専攻で、大道具やパネルをたたき、仕込むことや、ベクターワークスの使い方を学んだ。授業で、有名バンドの野外ステージのオブジェ製作があり現場に建て込んだ経験もある。就職活動で講師に相談し、シミズのメディア営業部部長の紹介で面接にこぎつけた。

新卒だが最初は契約社員として入社。人事課長は「入社時は非常に不安でした。持参した作品も素人レベル。(失礼!)」デザイン部次長と課長とで、将来的には何とかなる。様子を見よう!と。実際に勤めてみてその後社内の評判を聞くと、すごく良い。たったの9ヶ月でデザイン部からの信頼を勝ち得て、晴れて正社員となり、更に立身出世でアメリカでの海外研修に大抜擢!といういきさつである。

Part2

中村 将吾
シミズオクト デザイン部
2014年4月入社