シミズの仕事人

陸上愛

小学生の頃、体が弱く運動制限を掛けられていた。その反発心もあり陸上を始めたところみるみるうちにハマってしまい、競技にのめり込んだ。中学、高校では中長距離に取り組む。その後、東洋大学の国際地域学部に入学する。箱根駅伝のマネージャーがしたかったからだ。
マネージャーの役目は、タイム測定や走行選手への給水、洗濯等、選手を裏で支える重要なもの。だが、1年たたずに辞めてしまう。陸上の練習時間に授業があり両立出来なくなった。
その後は中学校で陸上部の外部コーチとして指導につく。部活の練習メニューを作ることや選手の体調管理等サポートが中心である。
スポーツリーダーの資格と日本体育協会認定スポーツ指導者の資格を取得し、誰にでも陸上を教えられる様にした。今でも時間がある時は、ボランティアで中学校の外部コーチやジュニア講習会の講師、クラブチームのマネージャーをしている。
また、学生時代の4年間、東京マラソンで救護指示センターのボランティアをしていた。シミズオクトを知ったのはその時だ。

Part2

岩崎 汐里
シミズオクト スポーツ・コンベンション営業部
2015年4月入社