南三陸町HOPE FESTIVAL 2013 レポート

2013年5月26日(日)、宮城県南三陸町で『南三陸町HOPE FESTIVAL 2013』が開催されました。
もともと南三陸町では10年以上前から、町の若者達により「ベイサイド・ロック・フェスティバル」という音楽イベントが行われていました。そこへ襲った震災、津波。仲間も機材も失われた中、「それでも音楽で地元を元気にしたい」と願う有志たちの手で2011年10月29日に始まったのが「HOPE FESTIVAL in南三陸」です。
今年は、震災直後より全国各地からの支援を受け、町民が一丸となって創り上げている復興イベント『福興市』とのコラボレーション開催。シミズオクトは、両イベントの会場となった歌津伊里前福幸商店街前広場に、野外ステージを設営させていただきました。
 
本番前日の設営は、地元の高校生やボランティアの方々にもお手伝いいただき、非常にスムーズに完了しました。そして当日は、小雨の降る朝から一転、快晴に恵まれ、絶好のイベント日和に。自然豊かな南三陸ならではの風景が広がる清々しい一日となりました。
 
9時30分、海に向かっての1分間の黙祷からスタートした『HOPE FESTIVAL 2013』と『第26回田束山つつじ祭り福興市』。開演したステージには地元の高校生バンドからプロの歌手まで南三陸にゆかりのある音楽好きが集結し、ロック、パンク、レゲエ…とさまざまなジャンルのアーティストが、パワフルなパフォーマンスで福興市会場と会場に隣接する伊里前福幸商店街を盛り上げました。そして福興市には地元名産の海産物、農産品を中心とした物産テントや飲食ブースのほか、全国各地からの応援ブースが並び、会場のあちこちから「元気だったー?」「最近どう?」などの声が聞こえます。イベントの開催は、こういった地元の人々の重要な再開・交流の場になっていることが分かりました。
毎月開催されているこの南三陸福興市は、この日が今年一番の人手となったそうです。
 
まだまだ手つかずの場所が混在し、津波の傷跡が残る南三陸町ですが、「自分達の町を自分達の手で元気にしたい」「町民に笑顔を・明日への活力を届けたい」 という、地元の皆さんの熱い思いに溢れた、あたたかく活気あるイベントでした。
倒壊した建造物の復旧工事が早急に進むことを願うのはもちろんですが、被災地の方々のストレス緩和の機会となる“場”を共に作り上げることはやはり意義のある支援だと、改めて実感することができました。
 
これからもシミズグループ東北復興支援プロジェクトは、様々なカタチで活動を行ってまいります。

 

主催・協力

主催
南三陸町観光協会
伊里前福幸商店街
南三陸HOPE FESTIVAL

協力:
シミズオクト
烏合の衆

フォトギャラリー