• TOP
  • 企業理念・経営理念

COMPANY企業理念・経営理念

シミズオクトグループとは

1932年創業以来、コンサートやスポーツはじめ、あらゆるジャンルにわたって人が集い人が楽しむ「舞台」を提供する技術会社として皆様の夢の実現のお手伝いをしてきた日本のリーディングカンパニーです。

企業理念

裏方ひとすじ

「裏方ひとすじ」のこころ
シミズオクトの経営を語るとき、創業者清水芳一の奮闘を忘れることは出来ません。野球というスポーツが熱狂的興奮の坩堝となった時代でした。早慶戦リンゴ事件のように、勝負にこだわり、結果に納得せず、暴動化する応援団。その中にあって、清水芳一は、修羅場のなかで秩序の維持に奮闘する、整理員の仕事に生きがいを見出しました。神宮外苑にて次第に頭角をあらわし、野球をはじめ、水泳、ラグビー、陸上競技、サッカーと様々なスポーツ業務を請け負うようになり、プロ野球の発展とともに、整理員の責任者となり、腕を振るいました。

プロ野球の前史においては、ある日は雨天にあぶれ、また或る日は警戒警報発令にあぶれ、個人の生活も、また会社組織にもならない苦闘の中で、先代は日本で初めてのスポーツ専門のサービス会社を立ち上げたのであります。しかし、スポーツがビジネスになるのには、シミズオクトも悪戦苦闘、苦戦の連続でありました。その中で、組織を引っ張っていたのはスポーツの未来を信じ、大会や運営を支える「裏方ひとすじ」を実践する先代の姿でありました。幸いスポーツ界は大きく発展し、ドームにスタジアムにアリーナと仕事の場が増えるに従い、催し物の内容も多様化し、シミズオクトもスポーツ系業務からコンベンション、TV、コンサートへとサービスの幅を広げ、進化・発展をつづけてまいりました。これからも、シミズオクトは皆様にご奉仕の歩みをつづける決意でおります。

創業者清水芳一の写真

経営理念

社員一人ひとりが夢を抱き、社会の変化に挑戦し続けられる企業を目指し、人々の喜びと感動を支え、笑顔が無限に溢れる社会づくりに貢献します。
シミズオクトグループは、人間が人間らしく生きるための文化活動に夢と誇りをもってサポートします。
シミズオクトグループは、時代に即した裏方の仕事を模索し、常に新たなチャレンジをして進化し続けます。

経営理念のイメージ画像

経営ビジョン

経営理念実現にむけて、シミズオクトグループは達成したい8つの経営ビジョンを掲げます。私たちはこのビジョンをShimizu Dream Visionと名付けました。

シミズオクトグループのすべての社員が
仕事に対する誇りと時代に即した発想力を持ち
それぞれが夢を描けるプロフェッショナル集団に進化させるために。

  1. 1組織 経営理念の目指す姿を実現するため、全社員が誇りをもってミッション達成に向かう強い組織づくりを目指します。
  2. 2自分への挑戦 エンターテインメント・スポーツはじめ大変革の時代を迎えるイベント業界の様々なニーズにこたえるため、シミズオクトグループは『会社の変革』、『人の変革』を柔軟に行い挑戦する企業文化を創り上げます。
  3. 3企画力 あらゆるイベントをサポートする技術会社として、創業の精神「裏方ひとすじ」をさらに深化させ、企画・提案力を兼ね備える「プロダクション・サービス」機能を提供できる会社へと進化してまいります。
  4. 4開発力 次世代向け商品開発、技術開発に注力します。最先端の舞台演出を支える新技術開発、複雑な舞台装置を操る高度なテクノロジー人財の開拓もすすめ、お客様を魅了する舞台づくりに貢献します。
  5. 5ビジネス教育 エンターテインメント、スポーツ、その他あらゆるイベントを支えてきた技術会社として、長年蓄積してきた職人技術から最新のテクノロジーまで社員が正しく習得できるよう、効率的学習を行う最適な教育環境を提供します。
  6. 6人的資源 雇用の多様化を促進します。広い世代に門戸を広げ、高い技術力を持つ技術者採用を活発化させ、協業の積極的展開も視野に、より魅力的なイベント技術会社を目指します。
  7. 7安全経営 安全経営の目指すものは、イベントの安全な実施にはじまり、安定した経営、業界への安全意識の醸成、社員とその家族の生活の安定にまで及びます。これらを通じ、当社は社会への貢献を実現してまいります。
  8. 8サステナビリティ SDGsへの取り組み、制作物リサイクルの研究に取り組み、積極的に未来の環境や豊かな生活の維持に貢献すべくシステムやプロセスを構築します。
ページの先頭へ戻る